安心仮想通貨ニュース

気になる!ビットコインの将来性

ビットコイン(仮想通貨)の特徴を知れば、上手な資産運用方法も分かります。世界的に高い注目を集めるビットコインの将来性を考えていきます。

 

ビットコインは流通コストがかからない

見出し1
日本ではあまりメジャーではないものの、中国など世界的な視点で見れば、ビットコインは非常に高い注目を集めています。これまでの投資対象である「株式」「外国為替」などであれば、相対的な基準によって価値が決まります。また、具体的な流通コストが発生することもないので、より手軽に流通させることが可能です。

これにより、高い流動性が生まれ、結果的にビットコインの将来性が広まっています。将来性という意味でいえば、今後の投資対象としての地位を得る期待が持てるほどです。

「将来性=安全性」という考え方

見出し2
たとえば、株式投資の場合は価値の上昇、下降を繰り返します。その変化を的確に見抜き、変動を利用して売買益を生み出すことで利益を得るわけですが、ビットコインの場合は「絶対的な価値」で評価が変動します。

外国為替のように相対的な基準で評価が決まるわけではないため、比較的安定したレートで取引を行うことができます。しかし、一度基準が崩壊してしまった場合には、引き合いに出すものがないことで一気に評価がなくなってしまいます。

買い時や売り時を判断するポイント

見出し3

ビットコインは、絶対的な基準によって評価が決まっているため、相対的な変動要因があった場合に大きく変化する可能性があります。特に、現段階ではニーズがそれほど大きなものではないため、より大きな変動を起こす可能性に期待が持てます。

ということはつまり、現状は類まれなる「買い時」だと判断することができます。今後、今以上に評判が得られるようになれば利益が生まれる期待が持てますが、場合によっては評価が0になってしまう可能性もあります。

「経済」に関する知識を身に付けること

見出し4

「投資」を行う場合、その対象が「FX」だろうと「株式」だろうと「どの程度の知識を持っているのか」が重要なポイントです。どのような根拠で変動が起こるのか、根拠によってどの程度の変動が起こるのか、変動後にどのような挙動になりやすいのかなどを知っていると、その場の状況だけでなく最終的な変動も考慮しながら判断することができます。

これは、「知っているから判断できる」ものであり、知らなければ判断することができません。つまり、「知っている」ことが重要だということです。